シーズヒーターの値段や購入方法などを紹介します

シーズヒーター

暖房機にもいろいろありますが、部屋全体を温めるものと1か所だけを温めるものの2種類があります。部屋全体を温める暖房機器には、エアコンやファンヒーターなどがあります。シーズヒーターは1か所を温める暖房機器です。シーズヒーターは電気代が高い、本体価格が高いなどと思っておりませんか?しかし実はクリーンで安全な暖房機器です。さらに使い方次第で他の暖房機器よりもランニングコストを抑えられます。他の暖房機器と併用してお使いいただくことで、その威力を発揮します。ではシーズヒーターはどんな暖房機器なのか?どのくらいの値段なのか?どこで買えばいいのか?そんな疑問に、ここではお答えいたします。読めばこの冬を安心して過ごせます。まもなく来る冬のために、ぜひお読みください。

どこで使うの?どんなメリットがあるの?

先ほど暖房機器には部屋全体を温めるものと1か所だけを温めるものの2種類があると申しました。最近は冬でもエアコンを使って部屋を温める家庭が増えました。エアコンは部屋全体を温める暖房機器ですが、部屋にいる一人一人を満足してくれるように温めてくれるものではありません。暑がりの人もいれば寒がりの人もいますので、同じ温度でも体感には個人差があります。また部屋の隅になるほど温かい空気が届きにくくなるので、キッチンなどは温まりにくいです。そんな時こそ出番です。1か所だけを温める暖房機器ですので、寒く感じている人だけが使えます。さらにコンセントさえあれば、どこでもすぐ温められます。ですので、キッチンや脱衣所、自分の部屋と、使いたいところにすぐ持っていけるのです。この機動力は大きなメリットです。

価格はどのくらい?電気代はどう?

シーズヒーターは本体価格に大きく幅があります。お求めやすいものでは5000円ぐらいから、高級機になると2万円を超えるものまであります。平均的な価格は10000円前後といったところでしょうか。構造が頑丈なので価格も少し高いのです。普通の電気ストーブは発熱体のニクロム線をガラスの管で覆った構造となっています。コストは安いのですがガラスですので割れやすく、修理も難しいため壊れたら捨てるしかないのです。それと違ってニクロム線を金属管で覆った構造となっているので割れる心配はなく、長くお使いいただけるのです。そのため初期投資は高いですが、長い目で見ると壊れにくいのでお得です。また電気代は1時間当たり7円~30円ぐらいです。しかし使う時間は短い場合が多いので、全体的に電気代はそれほど大きくなりません。そのため経済性も高いです。